月別アーカイブ: 2015年12月

サンタさん

クリスマスが近づく頃、小三の次男がにこにこして私を指さし、「サンタさん。」と言いました。

小六の長男は、「お父さんとお母さん、今まで大変だったね。」

それなのに、クリスマスの朝、ツリーの下にプレゼントを発見して、
お見舞いのため、遠方にいた私に電話口で、次男曰く
「メリークリスマス!
お母さん、サンタさん、本当にいたよ!」

リスとクマのぬいぐるみを抱きしめて、ほっこりとした顔を早速主人が撮影して
私がそれを携帯からじっくりと楽しみます。

長男は、「サンタさん、センス良いよなぁ」と
イタリアのスポーツカーの本を見ながらしきりと感心しています。

単純に、幸せと感じる瞬間を大切に
積み重ねて行けたらと願います。

落とし穴

落ち葉を集めて捨てる道の途中に、落とし穴があり、
何度も落ちています。

分かってはいるのですが、落ち葉でカモフラージュされていて
つい見落としてしまうからです。

そういえば、昨年、次男が庭の土を一生懸命掘っていて
「猪が捕れるかな。
鹿が落ちるかな?
それともリスかな?」

と聞いていたのを思い出しました。

はい。私が捕れました。

何も道の真ん中に作らなくても・・

だましミカン習得完了

氷点下を下回る朝、ひまわりの種目当てに、リスも毎日出勤しています。
細い枝づたいに来るので、
くるん、おっとっと、と落ちそうになります。

皆に「かわいい」と言われるお仕事です。

昨日は、テラスの手すりによじ登り、背伸びして、家の中をのぞき込んで
ツリーを興味深げに見ていました。
オーナメントを食べ物と思ったのでしょうか?

我が家のニュース。

6年生の長男が、ミカンの裏に穴を開けて空ミカンを作る技を
たった2日で習得してしまいました。

直径1センチ強の穴から「なんて勿体ない時間の使い方」と言いながら、
あっという間に中身を取り出した長男に
威張って教えていた主人がええっ?と驚いて悔しがるのを、
皆笑っています。

今朝は、真顔で、「あれは、並大抵の器用さでは出来ない。
(あだ名で呼ぶのは)もったいないから、これから、
『殿』と呼ぶことにしよう。」
だそうです。

楽しい親子です。

だましミカン

みかんの中身を裏からくり抜いて、「だます」遊びが
うちで、はやっています。

主人が小さいころにしていたそうで、
「お父さん、よほど暇だったんだろうな~(笑)」
こどもたちは、楊枝やスプーンを使ってつつきます。

中身がきれいにくり抜けたとき
下からLEDランプで照らすと、とても幻想的な
「謎のくだもの」になります。

一生懸命作業をする顔を見るのが
かわいくて・・

冬の楽しみです。

贈り物

今朝、キッチンの引出を開けると、
中身がきちんと揃えられていました。

これは誰がしてくれたの?という問いに、
皆、自分はしていない。という答え。

先日も庭の枯れ葉がいつの間にか集められて
山になっていました。

感激して感謝しても、知らんぷり。

きっと家にはこびとか妖精がいるに違いないわ、というと
皆笑っています。

温かなクリスマスの贈り物。

アマゼツの体験談

G.K様からアマゼツの体験談を頂きました。 G.K様、有り難うございました。


株式会社榎本通商 榎本さま

お世話になっております。
先日、注文させていただいたG.Kです。

昨日、無事商品が届きました。
箱を開けるとラベンダーの優しい香りがふわっと漂い、そこには穏やかで優しいアマゼツとラベンダーのポプリが。。。

また、持ち歩き用の袋も付いており、お心遣いに感謝です。

アマゼツは本当に美しく、実は私も榎本さまと同じように「優しい光」と「マリア様」のビジョンが浮かびました。
そして、もうひとつ「許し」のビジョンです。
きっと慈悲の心を表してくれたのでしょうね。

早速、浄化し、プログラミングも行いました。

これからの未来を輝かしい光で導いてくれるパートナーとして大切に使わせていただきますね。

そして、すでに持っている同じカタチのオーラライト23との波動がどのように組み合わさっていくのがが楽しみです。
(実は、アマゼツをサイトで目にした時、オーラライトとツインのように感じたので、購入させていただきました。 )

素敵なアマゼツとの出逢い、本当にありがとうございました。

G.K
956732-5