キジバトの赤ちゃん

キジ鳩の2羽の赤ちゃんが孵化して数日経ちました。

黄色のボワボワの綿毛が、いつの間にかキジバトらしい美しい模様を作って
旅立ちの日に備えているようです。

親鳥も姿を見せなくなり、
代わりに、メジロ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラたちが時々集まってきて
何やらめいめいに話しかけているようです。

わざわざ深夜まで電気がついている
部屋の窓の近くの枝に巣を作るとは、
逆に人間の側の方が安全だと思ったのでしょうか?

信頼されているようで、ちょっと嬉しく思います。

毎日、気になって、何度も見に行って、声をかけていますが、
未だ鳩の赤ちゃんの鳴き声というものを聞いたことがありません。

今日か、明日、きっと天気が続く日に、飛び立つのだろうかと、
毎日見張っています。

ヤマガラは、カラスが来ると、勇ましく鳴いて撃退してくれたり、
メジロは、ヒヨドリがけたたましく雛の近くで鳴くと
「どうしたの?」と言うように、鳴いて、諫めてくれます。

小さいけれど、しっかりとした子守たちがいて、
頼もしい限りです。

森の赤ちゃんは、皆で育てるという意識なのでしょうか?

人間も見習いたいところです。