ジョット『オニサンティの聖母』

アッシジに2泊した次の日は、
フィレンツェに行きました。

事前に予約をして行ったウフィツィ美術館では、                     
最初に展示されていたジョット・ディ・ボンドーネの『オニサンティの聖母』
(1310年 – 1311年頃)と
チマブーエの『サンタ・トリニタの聖母』(1285年頃)の前に、
あまりの光に滂沱の涙が流れ、
身体中の細胞が新しいものに入れ替わって癒され
浄化されたように感じました。
ヒーリング・アートなるものがあるとすれば
私にとっては、まさに、これこそがそうだと感じました。

実際、旅の疲れからか、久しぶりに酷く荒れてしまった手も、
その日から一気に回復していきました。

ジョットがキリストと聖フランチェスコを愛していたからこそ、
このような美しい絵画が生まれ、
ルネッサンスの魁になったということを
本で書かれて知っていましたが、
実物は、あまりのパワーに圧倒されて
冷静に見ることすらままならないほどでした。

アッシジと聖フランチェスコが生んだ画家・・
「聖フランチェスコの小さな花」という本にもあるとおり
数々の奇跡を起こした聖フランチェスコが
死してもなお、いかに多くの人に影響を与えたか
ということだと思います。

絵画を見て、泣いたことは、
今まで一度もなく、凄すぎて、言葉にはできない
本当に感動の体験でした。

もし、もう一度イタリアに行けるのなら、
アッシジと、フィレンツェに行きたいです。

今は、「アッシジの聖壁画たちよ、甦れ」(小学館)や
「聖フランチェスコの小さな花」(田辺 保訳・教文館)などを読んで、
聖フランチェスコの物語を
じっくりと、味わおうと思います。