ヒヨドリの赤ちゃん

最近の出来事です。

先日は、「ウークークックー」と窓の外の鳩に向かって、
鳩の鳴き声を練習していて、山鳩と仲良くなりました。

鳩は、「違うよ」と言うように、ちゃんときれいな声で、鳴いてくれます。

姿を見つけて、「おーい」と言うと、近くに飛んできてくれます。

今度は、ヒヨドリの幼鳥と仲良くなりました。

今年も、去年も、一昨年も、
庭の同じ木で巣立っています。

ヒヨドリを見つけると、いつも「ヒーちゃん」と話しかけます。

家に着くと、飛んできて、「ヒー」と挨拶してくれます。

この2羽は、いつも一緒にいる幼鳥ですが、
私の姿を見つけると、私のいる部屋の窓辺に近い枝にやって来ます。

そして、かわいく、「ヒーヒー」と鳴きます。

そこで、「ヒーちゃん、ヒーの赤ちゃん、ヒーはかわいいね」とか、
「そうやって、くっついて寝るの?」とか
「まだお家に帰らないの?」とか
私も、延々と話しかけます。

すると、葉っぱについた雨のしずくを飲んだり、グルーミングしたり、
ぴったりくっついてまどろんだりします。

しつこくしても、嫌ではないらしく、
ずっと近くの枝に止まっています。

私のこと、好きなのかな?

しばらくすると、下の方で、隠れて見守っていた親鳥が向かえに来て、
飛んで行ってしまいます。

また、明日も会えるといいな。