クモくんの大きな目

最近、小さな生き物に興味が出てきました。

家にいる、あるいは、道端にいるクモとか、カメムシとか、しろばんば、とかです。

道に小さな緑色のクモがいると、「危ないよ。」と言って、
車にひかれないように、足をそっとつまんでどいてもらいます。

主人は、私の方が、危ないと思うけど。と言います。

幸い、緑のクモは、刺したりしませんでした。

おとなしく、つままれてくれました。

主人が、たまたまテーブルにいたクモを見て、
「カワイイ目をしているよ。ロボットみたい」と言ったので、
「まさか。」と思いましたが、
ルーペを持ってきて見たら、
大きな丸い目が、二つくっついて、あまりに絶妙で完璧なバランスのかわいらしさに驚き、
と思うと、目の前で拡大された毛むくじゃらのクモが動いたので、
スリルとかわいさに、
思わず絶叫してしまいました。

「クモの目に、良く気がついたね。」と言ったら、
太陽の光を浴びて、目がきらりと光ったのだそうです。

カメムシは、昔、ガムテープで捨てていました。

今では、出来るだけやさしく丁寧に話しかけて、
歯ブラシにくっついてもらい、外に退出願います。

不思議と、素直に言うことを聞いてくれるのです。

以前は、暴れ回っていたカメムシくんが、
優しくすると、ちゃんと、おとなしく出ていってくれます。

私の態度が変わったのは、たぶん、今は小6になる次男の影響です。

彼は、生きているものにも、生きていないものにも、とても親切な人です。

以前、彼が助けたカメムシをトイレに流したら、
涙を流したので、
私も、鬼のような心を少し反省して、
今では、カメムシは、かわいくて、いとおしいやつです。