シジュウカラ語

初夏の裏山をお散歩するのが、最近の日課になっています。

そして、ブナやケヤキ、モミの大木、
それに、鹿や、リス、小鳥たちに出会うのが、とても楽しいです。

冬の間、ずっと庭に来ていたシジュウカラのいる木を通るとき、
声に出して、「ピチュー!」と挨拶します。

すると、通る度に、シジュウカラの方から、私の姿を見つけると、
「チー、チー、チー!」と鳴いて挨拶してくれるようになりました。

真正面の枝に止まるのもいれば、
隠れんぼするのもいます。

何羽も集まってきて、色んな声で鳴いてくれます。
「ジジジ・・・ピチュピチュー!」

私は、嬉しくて、隠れんぼする小さなシジュウカラを見つけ出して、
色々と話しかけます。

主人が傍から観察した結果、どうも、
シジュウカラたちは、面白がって、「私をからかっている」ということになりました。

「ジジジ・・」は、調べてみると、
言語を使う唯一の動物であるシジュウカラの言葉で
「近づけ」という意味らしいですが、
この「ジジジ」にも、色んなトーンがあり、
良く聞いてみると、色んなシチュエーションで、使い分けをしている様なのです。

ちなみに、「ピチューピ!」は、「警戒しろ」という意味らしいです。

ですが、主人は、私が、空を飛べないので、
シジュウカラは、「ジジジ・・こっち、こっち!鬼さん、こちら!」と方々へ誘って、
来られないと、「やーい!」とからかっているようだと言うのです。

どおりで、シジュウカラが、私の方に集まって来て
隠れんぼをしながら鳴いてくるのか、分かった気がしました。

放っておけば、1時間でも、ずっと鳴いていそうです。

私も、面白いし、友達になりたくてたまらないので、
シジュウカラの心臓の鼓動に出来るだけ波長を合わせて
それは、すなわち、愛の波動なのですが、
話しかけています。

シジュウカラと比べると、動作も鈍く、空を飛ぶことも出来ない、
しかも、シジュウカラ語を話せると思っている、おかしな巨人をからかうのは、
きっと面白いに違いないと、主人と話しています。

通る度に、集まるシジュウカラの数も増えて、
今日は、違う種類の小鳥も来ました。

そういえば、先週も、リスが、寝室の窓にやって来て、
窓枠を登ったり、降りたり、走ったり、落ちたりして、
次男と一緒に窓に顔をくっつけて、「かわいい、かわいい!」と大騒ぎしても、
ちっとも逃げなかったことが、ありました。

何をしに、来たんでしょうか?

自然の中で生かされる喜びが、動物たちのお陰で
随分増しています。

山中湖ライフのご紹介でした。