今年の抱負

明けましておめでとうございます。

今年も、どうぞよろしくお願いたします。

山中湖は、マイナス10度。きりりとした空気で
外に出るときには、マフラーの中に首をすぼめて、
車に乗るまで少し息を止める寒さです。

野鳥たちは、毎日朝晩、たくさんのヒマワリの種をもらって
すっかり安心している様子です。

昨年から、ずっと考え続けているのは、
この人生で、何故自分は、したくもなかったはずの経験を
体験しなくてはならなかったのか
その理由についてです。

そして、今、分かってきているのは、
自分が注文したものが、そっくり起きてきたのだということで、
それまた、いかに自分がパワフルかを
証明しているかということでした。

しかも、自分が注文したにもかかわらず
注文したことにすら気づいていないか、
注文してしまったら困ったことが起きる事を
信じるのを、半ば拒否し続けてきた、ということです。

全て、自分が本当に望んだことが、起きていたことを
認めるのは、自分のダークサイド(自己否定、戦いの意識、恐怖等)を
徹底的に見つめる事に他ならず、
「自分の人生に対して全責任を取る」という言葉の意味を
分かり始めた気がします。

それでも、闇と光の両方を持ち合わせている自分という存在を
身体が感じているのは、自分は、宇宙の一部であり、
宇宙とは、表裏一体の、宇宙の、もっといえば、創造主のかけらだということです。

エネルギー的な付着物があった時に
それを善悪の区別無く、抱きしめて
創造主の元に送るとき、
身体は、宇宙となって、その存在を抜こう側へと送り出します。

同時に、私の輪郭は曖昧になって、
外側も、内側も無くなっていく感覚です。

この感覚が意味するところは、
自分の内側が、外側に現れているに過ぎないということで
外側を抱きしめていると思っているけれど
実は、内側(自分)を抱きしめているのでもあり、
結局同じ事なのだ、ということです。

それならば、私が本当の意味で自分のダークサイドを統合できたなら
世界を平和にするために貢献することも
可能なのではないかと
思い始めています。

年始めのブログに、何か縁起の良いことを書こうと思い、
宣言してみます。

私は、今度こそ、自分のパワーを、自分と自分の周りを
幸せに楽しくするために、使うことを
全ての葛藤を乗り越え、抱きしめて、実現することを
意図します。