クンルンネイゴン

クンルンネイゴンという、タオの気功を始めています。

クンルンネイゴンをすると、
日に日に心身が変化するようです。

一番嬉しかった事は、思い出してしまった、辛い過去生も
今統合するために
思い出されているだけで、
全ては実は完全で
登場人物も、自分も、その出来事自体もすべて
愛おしいと思えるようになったことです。

どんな体験も、人生に深みと味わいをもたらすと
受け入れられるようになりました。

過去と現在の境界線が曖昧になり、
全てが完璧な瞬間で、完結しているため
時間軸に捕らわれる必要性を感じなくなってきました。

また、イージョンと五行という簡単なポーズがあるのですが、
これをすると、エネルギーの流れが良くなり
身体を粒子化して、共振させる作業が出来るようになりました。

人が多いところで、負のエネルギーを感じても
身体を粒子化して(透明になった感じ)、周りの空気や人のエネルギーに同調させると
今まで、痛くて辛いだけだったエネルギーが
身体を素通りして
痛みを感じなくなったばかりか、
逆に、全てのものに対する境界線がなくなった感覚のせいか、
いとおしさがこみ上げて来て
生きている事、生きているものへの喜びがありました。

当たり前に、自然に、喜びと自由の感覚を味わっています。
それが、当たり前ではなかったので、とても嬉しいです。

エネルギーが増して、疲れにくくなり、
皮膚のきめが細かくなりました。

人間関係では、中庸の感覚が内側から湧いてきて
起こる出来事を善悪の判断無くして
調和の中で、捉える事が出来るようになってきたため
ものすごく楽になりました。

それから、直感も鋭くなり、リーディングがより具体的に出来るようになってきました。
7層の神様や、石たちとも、会話がしやすくなっています。

教わった伯井先生によると、クンルンの効果は人によって違いがあるそうですが、
私には、とても合っているようです。

クンルンの幸せ体験談でした。