オクイボタの白い花

オクイボタの白い花が良い香りをさせています。

普段は目立たない、地味な木ですが
この季節には、森を良い香りで満たす
素晴らしい役割を果たしてくれています。

昔の話ですが、
このイボタの花を見せたくて、
シマリスのかごを窓際に置いたら
シジュウカラがやって来て
イボタの枝の上で鳴き始め、
リスも一緒に鳴いて合唱していたことを
思い出しました。

思い出に胸が一杯になり、
「素敵な思い出を有り難う。」

涙目で感謝を伝えると
突然涼しい風が窓から吹き込んで、
部屋一杯にイボタの香りで
満たしてくれました。

「喜んでもらえて、私も嬉しい。」というイボタの気持ちを
風が通訳してくれたようでした。

精一杯与えられた環境で生きて、
惜しみなく与えようとする
どこまでも豊かな心から
また、一つ教わったように思います。