アネラクリスタルとロシアンレムリアンの体験談

Sara様よりアネラ・クリスタルとロシアンレムリアンの体験談を頂きました。Sara様、有難うございました。


ご連絡が遅くなりました。
いろいろの事情で忙しく、落ち着いて色々な事が出来なくなっておりました。
ああ、このタイミングで私のところに来たのかと思いました。
榎本さんと石との出会いに感謝します。

ウェブ上の写真で見た石(アネラ)の最初の印象は、クジラか海洋生物のような
大きな生き物か、石の形から戦艦の空母のようなイメージを持ちました。
そのせいかもしれませんが、手に乗せると最初は水しぶきを感じ、私が海の中を泳
いで疾走している感じなのです。
それ自体になっているので生き物の姿は見えません。

本当の最初のころはただ大きなものと思っていたのが、とんでもなく優しい存在
で、癒してくれます。
ちょうど辛い時期と重なりましたので、つい泣きました。
でも、その涙が不思議で1分ほどで終わり、あとは全て感情が吐き出されたように
すっきりとします。デトックスしてくれているよう。
何回かそれが続きました。

ある時、「どこから来たの?」と聞きました。
「み・な・も・と」と聞こえたようです。根源ですね。命の根源か宇宙の根源かも
しれません。チャネリングなど出来ませんので、このくらいです。

また、ある時は、怒りの感情に破裂しそうになっておりましたところ、また違う反
応が返ってきます。
うまく表現できませんが、私の怒りの感情を引き出して、くるくると球体にして行
きます。
それを別の光のグリッドのような球体に合わせて解消しようとしているようなイ
メージです。

強い感情の浄化の仕方を教わっているようです。まだ上手くはできません。

しばらくして、石を持つと感じる海は今の地球の海ではなく、たぶん太古のレムリ
アの海かもしれないと思いました。とても暖かく心地が良く、共にいる歓びも感じられます。
石がなくとも、その心地よさをイメージできます。

まだ、石に名前をつけていません。

もう一つの石(シマリング・サファイヤ・ブルー)は今はアネラの陰に隠れていま
すが、密かにミカエル・ブルーと名付けました。

もう一つの石(ロシレム)は産地の名に覚えがありました。
これも何かのご縁と思っています。
私にかすかな目覚めがあるとしたら、そのきっかけは福島の原発事故に他ならない
からです。
それが根底を揺り動かして、小石やパンくずを拾って森の道を辿る童話の中の子供
のように私をここまで連れて来たようです。

どうも、震災の時に、レコードの針が飛ぶように次元が飛んだ気がするのですが、
それを守護天使さんに聞くと、「ちょっとずれただけ」と申します。
と言ってもチャネリングは無理なので、短いセンテンスで出来るお話だけ、それも
正確に聞いているかどうかわかりません。

石の話以外にずれましたので今日は、この辺で。
榎本さん、素晴らしい石たちを本当にありがとうございました。
まだまだ色々な面を見せてくれると思います。ともかくも自分の感覚を信じてみた
いと思います。

 

アセンションストーン

 

##rl  ##anela  ##ln