アゼツライトとラリマーの体験談

T様よりアゼツライトラリマー、メタモルフォシス、マスターシャーマナイトの体験談を頂きました。T様、ありがとうございました。

株式会社榎本通商 榎本千絵さま

こんにちは^^。18日に注文いたしましたTと申します。日曜日にもかかわらず発送して頂き、まことに恐縮です。
昨日の朝、無事に受け取りました。荷姿もうつくしく、傍に居て、開梱を見ていた母も喜んでいました。お荷物は本当に、送って下さる方の気が宿りますね・・・。ありがとうございました。
お譲り頂きましたアゼツとメタモルフォシスとマスターシャーマナイトのビーズは、昨日早速ブレスにしました。
アゼツライトは、ほんとうに崇高な石様ですね。石様の言葉を訊いてくれる私の母は、以前、白いアゼツに語り掛けたとき、「はじまりと終わり、無限のエネルギーの循環である」、と云われたそうです。
「知っている石を探す石」と言う、物知りなベリルにこれを訊ねると、アゼツとは、「とても神聖な神様の石」、と厳かに応えたそうです。(今回頂いたアゼツと共にベリルを組んだら、「アゼツ眩しい」と喜んでいたそうです。とてもキラキラしました。)
問い掛けに応えるその言葉も、ひとつひとつがとても高尚であり、アゼツの存在と役割の大きさに、ただ畏れ多いばかりです・・・。
簡単に、心を波立ててはならない、些細なことに怒りを覚えてはならない。逐一知らされる思いがします。
・心を無にしたとき、はじめて見えることがある、ということ。
・奉仕のため、犠牲的精神を持って、この世に顕れる魂があること。
・利己的精神と、そこに追随するものはやがて滅びるということ。
・・・と、今回お迎えした金色のアゼツたちと、赤と金のアゼツは、母に語ったそうです。
メタモルフォシスは、変化、変容とグラウディングを促してくれる石様、とのこと、力を借りたくお迎えしたのですが、母によると、「明日を希求する石」である、と言っておりました。(・・・第一声が「早く明日にならないかな♪」だったそうです(´ー`))
マスターシャーマナイトは、過去や、様々な物事の語り部であり、良きにつけ悪しきにつけ、それを語り継ぐ必要がある、と言っている、とても重たい石様と感じたそうです。(只、はじめに、次元も、波長も違うので、知ること総てを語ることはできない
と、断られたとのことです。)そして、世界の平和を願っている、とも。
波間を思わせる、うつくしいラリマーのカボションは、一緒に包んでいただいたポプリと共に、石製の宝石箱に入れて机の上に置きました。妹は、風を現すと言う白い模様を見て、「お花みたい」と喜んでいました。少し体調が悪そうだったのですが、
後、少しして元気になりました。母によれば、ラリマーもまた、世界の平和を祈っている石である、とのこと・・・、そしてこれはどの石様にも共通するのですが、多くの人間が持つ利己心を嘆いている・・・と。

他の生き物と共に生き、生かされていること、この世界は光に満ちていることを、静かに感じながら生きて行きたいです。。そして人の魂の平和を、祈り続けて行きたいです。それはこの上なく幸せなことと感じます・・・。

この度はうつくしく崇高な石様たちとのご縁を頂き、改めて深感謝申し上げます。はじめてのお礼メールがこんなに長くなりましてすみません・・・。最後までお読み頂きありがとうございました。
まことに僭越ながら、榎本さま、ご家族さまの平和を、お祈り申し上げております。

S.T

 

##lr  ##az