夏期休業のお知らせ(2019年8月)

お客様へ

誠に勝手ながら、夏期休業のため下記期間におけるお問合せ対応
及び発送業務をお休みさせていただきます。

何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

■夏期休業期間■

2019年8月4日(日) ~2019年8月15日(木)

■お問合せ対応について■

お休み期間中にいただいたお問合せ・ご注文は、
8月16日(金)より順次ご対応させていただきます。

**インターネット経由及びメールでのご注文につきましては夏期休業中もお受けいたします。(当社からの返信は8月16日以降になる点あらかじめご了承のほどお願いいたします。)

■ご注文の配送について■

休業前のご注文最終締め切り(代引き)は8月2日(金)迄とさせていただきます。
なお、カード及び銀行振り込みでご注文をご希望の方は8月3日迄に
決済をして頂けますようお願い申し上げます。

締め切り以降のご注文及び決済につきましては、8月16日(水)より順次ご対応させていただきます。

上記につきまして、大変不便をおかけいたしますが、
何卒ご理解くださいますようよろしくお願い申し上げます。

株式会社 榎本通商

キャプチャ

ヒヨドリの赤ちゃん

最近の出来事です。

先日は、「ウークークックー」と窓の外の鳩に向かって、
鳩の鳴き声を練習していて、山鳩と仲良くなりました。

鳩は、「違うよ」と言うように、ちゃんときれいな声で、鳴いてくれます。

姿を見つけて、「おーい」と言うと、近くに飛んできてくれます。

今度は、ヒヨドリの幼鳥と仲良くなりました。

今年も、去年も、一昨年も、
庭の同じ木で巣立っています。

ヒヨドリを見つけると、いつも「ヒーちゃん」と話しかけます。

家に着くと、飛んできて、「ヒー」と挨拶してくれます。

この2羽は、いつも一緒にいる幼鳥ですが、
私の姿を見つけると、私のいる部屋の窓辺に近い枝にやって来ます。

そして、かわいく、「ヒーヒー」と鳴きます。

そこで、「ヒーちゃん、ヒーの赤ちゃん、ヒーはかわいいね」とか、
「そうやって、くっついて寝るの?」とか
「まだお家に帰らないの?」とか
私も、延々と話しかけます。

すると、葉っぱについた雨のしずくを飲んだり、グルーミングしたり、
ぴったりくっついてまどろんだりします。

しつこくしても、嫌ではないらしく、
ずっと近くの枝に止まっています。

私のこと、好きなのかな?

しばらくすると、下の方で、隠れて見守っていた親鳥が向かえに来て、
飛んで行ってしまいます。

また、明日も会えるといいな。

夜のしじまに

星一つない梅雨の真夜中

夜のしじまが、頭の上から降りてくる

たっぷりとした無音に、木々の世界は満たされて
身体ごと沈んでいく

足は、地面に溶け、
根が生える

地球と一つになる

夜のしじまに、身体は溶けていく

黒い聖母のような
あまりに豊かな闇に抱かれて
癒やされ、愛され、どこまでも深く落ちていく

夜のしじまに

フェナカイトの体験談

H.J様からフェナカイトの体験談を頂きました。H.J様、有り難うございました。


榎本様

夜分に恐れ入ります。
いつもあたたかいご対応ありがとうございます。
本日、フェナカイトが手元に届きました。
そして、またもや?!
嬉しいギフトをありがとうございます。
先日のもですが、心をよまれているのでは?と思うような感じで、驚きの嬉しさでした。

実を申しますと、今までブランドや貴金属には全く興味なく、パワーストーンは興味はありましたが何となく避けておりました。
今年に入り、意識が変わり、急に石たちに出逢いたくなりました。
アゼツライトが欲しいと、探し始めたのですが、貴社からの『数あるショップの中から…』というお言葉に、その時初めて『確かにお店は沢山あるんだろうなぁ?』と気付きました。
他のショップを見ていませんでしたし、比較するなども全く頭に無かった事にすら、気付きませんでした。

改めて他のショップも覗きましたが、貴社から感じる自然のようなあたたかさをあまり感じられません。

〔保護した子猫を大切に見守り育んで、現れた里親さんに託す〕
そんな風に、縁あって手元にきた石たちに愛情を注ぎ、送り出し、石たちを見守り扱っていらっしゃるように感じておりました。
すっきりしつつ、丁寧な写真や説明のサイトからは静かで雄大な自然のような感覚を覚えました。

初回の、私の注文ミスにご対応いただいた何度かのやり取りに、優しさや心地よさを感じ、大切な石たちを譲って下さった事に感謝しております。

自然いっぱいの田舎で家族と保護猫6匹と暮らしておりますので、勝手に親近感や安心感を覚えてしまいました。
猫たちと石たちが可愛くて愛しくて囲まれて過ごせる事が日々の大きな幸せです。

石たちの声を明確に知る力は私は少ないのですが、持ちつ持たれつ癒し癒されながら、石たちとも楽しい日々を過ごしていきたいと願っております。

ロシア産フェナカイトの原石は、キラキラと光る虹に惹かれ、石たちといる天使の手に乗せたいなと思い注文いたしましたが、天使たちの手に本当にピッタリと合いましたのでとても嬉しくなりました。

画像で見て感じた以上に、実物の石たちは美しくて優しいです。
素敵な石たちに出逢えた事に感謝しております。

本当に有難うございました。
これからもよろしくお願いいたします。

H.J

##PHENACITE

モミの新芽の味

今日は、新緑の山中湖で、中1の次男とテニスをしました。

次男は、私のコーチ役を引き受けてくれます。

私が失敗して、変なところにボールを飛ばしてしまい
笑い転げていると、小鳥が、コートの脇のネットに止まって、
話しかけるような、鳴き声を聞かせてくれます。

そして、行き交うボールの上を何度も飛び交い、
まるで遊んでいるかの様です。

そして、ふと見ると、コート脇に植えてあるモミの木の新芽が
あまりに美しく輝いていて、そして、美味しそうだったので、
木にお願いして、少し頂いてみました。

最初、飛び上がりそうなくらいに、刺激的なえぐみ、
それとは対照的に、舌に広がるえも言われぬ甘露のような甘み、そして、
もの凄いスピードと力で
ハートを開いてくれました。

ハートが緑色に色づき、振動するような感覚になりました。

有り難くて、何度もモミの木にお辞儀をして、
標高1000メートルの遅い春の森の祭典に参加させて頂いた気がして、
湧き上がる感謝の気持ちを抑えることが出来ませんでした。

次男は、鳥に話しかけたり、モミの木にお辞儀する母親を
恥ずかしくも、受け入れてくれているようです。

そして、次男も大の動物好きで、
小鳥やリスなどの動物たちは、
庭で何かしていても、集まって来ては、次男に話しかけるように、
鳴いてくれるそうです。

道でお散歩中の柴犬などに出会っても、
何故か、次男には、強くしっぽを振って、飛び上がって、
遊んでもらいたがるのです。

同類だと思っているのでしょうか。

そして、今日は、リスのこどもが遊びに来ました。

窓の直ぐ近くに、私にも、真正面に白いお腹を向けて、
目をぱちくりしながら、
ヒマワリの種を食べる姿を見せてくれました。
ほわほわの毛、雨に濡れた耳、純粋な目の光、
繊細で柔らかそうな身体、
かわいらしくて、ハートが全開の瞬間でした。

赤ちゃんは、ちっとも怖がらないので、
毎年、この季節は、最高です。

山中湖の初夏の報告でした。

ヤマガラくんの特別な歌

4月に入ったというのに、今日は、一日中寒く、雪が積もりました。

車から出て、家に入る途中、
謎の鳥が、今までに聞いたことのない、繊細で複雑なメロディーを
ところどころビブラートを効かせて
私の歩く先に飛んで行って枝に止まり、誇らしげに歌ってくれました。

不思議な声だったので、新しいお友達かなと
私の歩みに沿って歌ってくれる声を辿ると、
たくさんのシジュウカラの中に、
歌うヤマガラくんを見つけました。

毎日庭に来る、「うちの」ヤマガラくんです。

これまで随分長く一緒にいて、一度も聞かせてもらったことのない、
あまりに素敵な歌だったので、ものすごく感心して、
思わず、「素敵!」と叫ぶと、
ヤマガラくんは、誇らし気です。

雪が降って、虫がいない日にもらったヒマワリの種が、
格別美味しかったのか、
それともお礼なのか、
ヤマガラくんからの特別な贈り物でした。

鳥の鳴き声と言えば、時々、「ジジジ・・」と警戒して鳴くシジュウカラに、
「ツピツピツピツピ・・」私が春の歌を真似して鳴くと、
とても不思議そうな顔をして、ぴたりと黙るので、面白いのですが、
この歌は、とても複雑で難しかったので、
真似は、難しそうでした。

キビタキくんなど、鳴き声を真似すると、「これもできるか?」と言わんばかりに
少しずつ、鳴き声のバージョンを変えて、
仕舞いには、素晴らしくビブラートの効いた、とても美しい歌を歌ってくれることがあります。

「これは無理だな」と諦めて、「上手!」と褒めると、
満足したように、飛んでいってしまいます。

以前、バードウィッスルを口の中に入れて鳴らすと、
たくさんの鳥が集まって、散歩について来てくれました。

どこに鳥が隠れているのか、不思議に思ったのでしょうか?

ですが、以降、どんなに試しても、来てくれなくなりました。

正体がバレてしまったのですね。

鹿に試した時は、もの凄く驚いて、何度も首をかしげて、目をぱちくりさせていたので、
「あんなに鹿が驚いているのは初めて見た。」と
主人が笑っていました。

私の悪ふざけに付き合う主人は、なかなか忍耐強いと思います。

今は、私の方で飽きてしまったので、
バードウィッスルこそ使いませんが、
口で歌を真似するのは、楽しくて、止められません。

森の鳥談義でした。

春の気配

春の気配がします。

といっても、標高1000メートルの山中湖の新芽は、
5月までお預けです。

窓のすぐ近くの枝に、ヤマガラがつがいで止まって、
「ツーツーピー・ツーツーピー」と
春の歌を聴かせてくれます。

あまりにも春が待ち遠しくて、降る粉雪も、私の目には、
ひなあられのお砂糖のようです。

寒くても、雪が空から降ってくるのを
ひたすら眺めて、その静かで純粋な結晶の波動に
全身清められながら、感動して、
ずっと立ち尽くしてしまいます。

特に夜。木々に囲まれた庭に出て
雪かきをすると、
空から降りてくる精霊たちのダンスがあまりに美しく整っている
静寂の世界にいられること、
幸せすぎて、じんときます。

自然とは、純粋さ。

山中湖の自然に生かされて
今日も元気にがんばります。

姿勢と心

最近、面白いことに気がついて、
それは、背中を真っ直ぐにすればするほど
身体の全てを引き上げれば引き上げるほど、
思考がクリアになり、
そうすると、ネガティブな波動も入りにくくなり、
入っても、抜けやすくなることです。

これも個人的な体験なので、
他の人に当てはまるか分かりませんが、
同様に、スワイショウという両手を前後に振る動作を繰り返すと
消化酵素が増えるのか、
消化が良くなり、身体がスッキリし、しかも痩せるようです。

これが面白いので、暇な時はスワイショウを楽しみ、
また、じっとしている時は、座っている時も、立っている時も、
背中とお腹と胸と首をピンと引き上げて
少しニュートラルな状態を楽しむことが出来るようになりました。

身体と心というのは
リンクしているものなのだなと感じるこの頃です。

小さなお客様

シメが、窓ガラスにぶつかってしまいました。
バードセイバーのステッカーが貼っていない方の窓にです。

脳震盪を起こして、冷たい空気の中では、死んでしまいそうでした。

手の上で温めようとしましたが、
回復まで時間がかかりそうなので、
玄関で介抱することにしました。

シジュウカラ達が一斉に集まって、枝に止まって、
固唾をのんで見つめていました。

ヤマガラが、家に入れるつもりなのか?!と
警戒して、ピーピーピー、ジージージーとしきりに鳴きました。

けれども、今にも死にそうな気がして
少しでもあたたかいところにと思って、
結局家に入れてしまいました。

小さな段ボール箱にタオルを敷いて
その上にシメを置いて
黒い布を半分かぶせました。

次男と二人で、「シメ、がんばれ」と言い続けましたが、
片目しか開けられず、立ち上がることも出来ないままで、
いてもたってもいられず、
後で調べたらそんなもの与えたら、ダメだったらしいのですが、
アマゾンのシャーマンが調薬したらしい「ダイマン」というエナジードリンクを
水で薄めてスポイトで少量与えたら
急に元気になって、立ち上がり、
それから眠ってしまいました。

次男は、シメの頭のにおいをかいで、
「健康な匂いがするよ」と言っていました。

そして、次の朝、シメは、元気になって
空に飛び立っていきました。

そのシメは、今日、家の庭に遊びに来ていました。

窓の一番近くの枝に止まって、
グルーミングしながら、気のせいか、甘えたように、こちらを見ています。

「シメが、戻ってきたよ!」

家族も嬉しそうです。

他の野鳥たちも、私たちに気を許してか、
より近くに寄って来るようになりました。

捕まえて食べないと分かったのでしょうか?

ヤマガラは、私と次男が庭に出ると
ツーツーピーツーツーピーと都度、近くに来て、
春の歌を歌ってくれます。

みんな元気で冬を乗り越えられますように。

アンダラクリスタルの体験談

K.M.様からアンダラクリスタルの体験談を頂きました。K.M.様、有り難うございました。


K.です

アンダラ届いております。
自分の中で色々あったのでご報告が遅れてしまいましたが、今日はお礼と感想をと思いメールをさせていただきました。

来てくれたどれもが美しく、感動しております。
ブルーグレーは宇宙的な色、中の気泡が星のようにキラキラと美しいです!
感じたこととしましては、ハートに力強くとどまるような感覚が強いです。
心をガシッとするストッパーみたいな感じがしますね。

ピンクはこの色のようにふんわりと優しいです!
手にした瞬間、自分から愛が放出してるのがわかりました。
ピンクからも愛が出てて、ほわ~っとしたやわらかな気分になりますね。

そしてブラック、これはとても面白いです!
いい意味で、「エキセントリック」な印象が強いですね。
好みは分かれそうな感じがしますが、私はハマりました!
手に取ると真っ先に力強さを感じ、なじむ感覚がありました。
なんだか「同胞」という感じです。
その後気持ちが落ち着かず、なんだろうと思ってたら「浄化かな」と思いました。
おそらくまだ浄化できてない部分に光を当てることで、浄化を促してる感じがします。
ただ浄化をするには好転反応もあるので、自分でその部分を冷静に把握することも大切ですね。
その後過去のことを思い出し、それを話して内面にあるものは浄化できたと思ったんですが、まだモヤモヤと。
なんでこんなに不安定なんだろうと思ってたら、ブラックが一言。
「考えすぎ」と。
なるほど!と思いました。
何をするにも考えすぎで、心が乱れるんだと。

そういえばブラックが来る前、リーフのことでもわかったことがあります。
唐突に、「なぜ葉っぱモチーフなんだろう?」と思ったんです。
まるで羽のようにも見える葉っぱ。
葉っぱも羽も軽いなぁと思ってたら、そうか…と。
「心を軽くするんだ!」と、気づきました。
「だから君は葉っぱなんだね」と声をかけたら、リーフはにこにこと笑いながら頷いてました。
私にはリーフもブラックも、どちらの言葉も繋がってるなぁと…。
またどちらも、霊的に引き上げる感じが強いです。
おかげでアンダラの他に大切にしてる石の、その姿(魂?)みたいなのを見ることができました!すごくキレイで感激しました!

本当にアンダラは面白いですね!
あと私、アンダラを初めて画像で見た時に幼い頃好きだったお祭りの「宝石つかみ」とダブったんです。(似てないですけど遠目ではちょっと似てます)
今までも何度もその宝石つかみを思い出しては「なんで思い浮かぶんだろう?」と思ってましたが、アンダラはレムリアと関係するみたいですね。
もしかしたら魂が覚えていて、だから似たものに惹かれたのかなと思いました。

長くなりましたが、お礼をと思いご連絡させていただきました。
本当に素晴らしいクリスタル達をありがとうございます。
大切にさせていただきます。

##ln




クモくんの大きな目

最近、小さな生き物に興味が出てきました。

家にいる、あるいは、道端にいるクモとか、カメムシとか、しろばんば、とかです。

道に小さな緑色のクモがいると、「危ないよ。」と言って、
車にひかれないように、足をそっとつまんでどいてもらいます。

主人は、私の方が、危ないと思うけど。と言います。

幸い、緑のクモは、刺したりしませんでした。

おとなしく、つままれてくれました。

主人が、たまたまテーブルにいたクモを見て、
「カワイイ目をしているよ。ロボットみたい」と言ったので、
「まさか。」と思いましたが、
ルーペを持ってきて見たら、
大きな丸い目が、二つくっついて、あまりに絶妙で完璧なバランスのかわいらしさに驚き、
と思うと、目の前で拡大された毛むくじゃらのクモが動いたので、
スリルとかわいさに、
思わず絶叫してしまいました。

「クモの目に、良く気がついたね。」と言ったら、
太陽の光を浴びて、目がきらりと光ったのだそうです。

カメムシは、昔、ガムテープで捨てていました。

今では、出来るだけやさしく丁寧に話しかけて、
歯ブラシにくっついてもらい、外に退出願います。

不思議と、素直に言うことを聞いてくれるのです。

以前は、暴れ回っていたカメムシくんが、
優しくすると、ちゃんと、おとなしく出ていってくれます。

私の態度が変わったのは、たぶん、今は小6になる次男の影響です。

彼は、生きているものにも、生きていないものにも、とても親切な人です。

以前、彼が助けたカメムシをトイレに流したら、
涙を流したので、
私も、鬼のような心を少し反省して、
今では、カメムシは、かわいくて、いとおしいやつです。

アゼツライトとモルダバイトの体験談

M.Y.様からアゼツライトとモルダバイトの体験談を頂きました。M.Y.様、有り難うございました。


アゼツライト10ミリ一連ブレスと、モルダバイトのさざれブレスを購入させて頂きました。

もともと、石が大好きで、原石や産地にこだわった石、天珠などありとあらゆるものを集めています。

アゼツライトとモルダバイトは興味があまりなかったのですが、なぜか最近どうしても欲しくなり、色々な会社のホームページをみくらべて、御社が1番だという結論にいたりました。

最初、アゼツライトを送っていただいたとき、ラベンダーのサシェとエレスチャルアメジストがプレゼントで入っており、驚きました。
アゼツライトも暖かいパワーを感じたのですが、プレゼントのエレスチャルもとても優しいパワーを感じました。もともと持っているエレスチャルクオーツとはなかなか仲良くさせてもらえず、ヒマラヤクオーツの上でお休みさせてばかりなので驚きました。

どちらもきちんと浄化していただいていたので、アゼツライトも、モルダバイトも馴染むのに時間がかかるかと思っていましたが、つけた時に腕が暖かくなり、違和感もなかったので、お風呂と炊事の時以外は一緒にいます。
うちではシリスタミストやスマッジングウォーターで浄化しただけですが、快適です。

今回また連続でリングを頼みました。
まとめて決断すればよかったのですが、実際に手元に届いたものを見てから、と思い、お手を煩わせてしまいました。

今回のように短い期間に連続して、ということはないと思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

このページで書き込みがよかったのかわかりませんが、
御社の丁寧な対応と石の優しさがとても嬉しかったので、メール致しました。

##az
##mh